ZAPZAP!

韓国・北朝鮮

浦項迎日湾CO2貯留実証研究_1

大気中二酸化炭素を回収し地中などに貯留する技術『二酸化炭素回収貯留(CCS)』。これに関して韓国では過去に発生した観測史上2番目に強かった地震がCCSにより引き起こされたという誘発地震説が一部主張があったことに関し、政府は関係性は無かったという研究内容を発表しています。続きを読む

image_130

現在運用されているほぼ全ての戦闘機に搭載されているのは高い発射速度のある機関砲です。これに関して現時点で搭載されていない、もしくはどこに搭載されているのか明らかになっていない中国のステルス機J-20に関して30mm機関砲を搭載することが最適だなどという記事が掲載されています。続きを読む

image_132

韓国の複数メディアによると、今月10日北西部に位置するハンビッ原子力発電所で原子炉の熱出力が制限値を超えて急上昇し、異常発生から緊急停止の措置が実施されるまで12時間あまり対策がが行われなかったことが明らかになりました。さらに当時重要な制御棒の操作を行っていたのは無資格の人間だったこともわかったとしています。続きを読む

image_66

昨年、アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長が歴史的な会談を行うなどして話題になったのは北朝鮮が現在運用している政府専用機です。旧式の機体で知られているのですが一体どのような航空機なのでしょうか。(写真は高麗航空のIl-62M)続きを読む

↑このページのトップヘ