ZAPZAP!

環境汚染・公害

image_14

監視カメラがいたるところに設置されている国といえば中国ですが、近年は人がほとんどいないような農村部でも導入が検討されているといいます。実はその理由として煙害を引き起こす違法な野焼き監視することにあるといいます。続きを読む

image_97

日本国内では井戸水を飲水として利用している人はかなり少ないと思われるものの、水道設備が十分に普及していない中国では地下水が普段の飲料水として使用している地域が多く残されているといいます。実はその水に関してヒ素汚染されている場合があり国内では2,000万人がヒ素汚染に晒されていると報じられています。続きを読む

image_66

中国の首都『北京』では最近、市民らの発病率などの統計がまとめられた『健康白書』というものが公開されました。そこには肺がんの発症率が上昇している傾向が伺えるものの、専門家によると大気汚染とは関係性は薄いなどと説明していると報じられています。続きを読む

image_80

韓国の複数メディアによると、韓国南東部に位置する大邱市に供給されている水道水から最近危険性が指摘され始めたばかりの有機物が多く含まれているとして検出された都市ではミネラルウォーターの販売が急増していると報じられています。続きを読む

image_45

ドイツ政府によると、ダイムラーのメルセデス・ベンツに関して排ガスに含まれる汚染物質の量を不正に操作するプログラムを搭載していたとして欧州で販売された77万台をリコールすると報じられています。同メーカーはこれまで疑惑を否定し続けていました。続きを読む

↑このページのトップヘ