ZAPZAP!

新型コロナウイルス

image_16

新型コロナウイルスの対策について経済対策や感染拡大対策にしても世界とは若干異なる対応を取っているのは日本です。一方で日本も遅れながら感染拡大が発生することはほぼ間違いないと多くの人が予想しているのですが、これに関してiPS細胞でノーベル賞を受賞した山中伸弥教授がドライブスルー式の検査を導入するなど5つの提言を発表しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_15

先日、プーチン大統領がモスクワ市内にあるという病院を視察し新型コロナウイルスに対する姿を自らメディアの前に晒しました。一方で、このときプーチン大統領に近距離で説明していた医師が新型コロナウイルスに感染していたことが明らかになったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image203

新型コロナウイルスに関して特に高齢者を中心に死亡例が多くでているものの、若者が死亡することも例外ではありません。これに関して韓国では新型コロナに感染していないとされ肺炎で死亡した男性に関して、遺族がCTやX線画像を公開し専門家に判断を求める対応に出たと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_13

海外の複数メディアによると、5万人を超える新型コロナウイルスの感染者が出ているドイツでヘッセン州の財務相を務めていた人物が遺書を残し自殺していたこと報じられています。現在遺書の内容は明らかにされていません。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_7

ロシアでも新型コロナウイルスの患者数は増えているのですが先日、国のトップとしては世界で初めて新型コロナウイルスに感染した人がいる病院を視察したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_12

新型コロナウイルスが原因で消費が落ち込み酪農や農業など第一次産業にも金銭的な被害が発生しています。一方韓国では国営ショッピングや大手オンラインサイトで消費が落ち込む海産物に対して大規模な消費イベントを実施すると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image206

各国で新型コロナウイルスの感染拡大対策として様々な対策が早急に導入されているのですが、一方シンガポールでは意図的に他人と距離を詰めるなどした場合は最大で7000シンガポールドルと懲役6ヶ月が科せられることになったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ