ZAPZAP!

宇宙

LOP-G_1

アメリカが新たな宇宙開発として火星への有人探査を掲げていますが、その中継基地としても運用されるのは月軌道に設けられる当たらな宇宙ステーションです。これに関してコアモジュールの打ち上げを2022年に打ち上げるため2019年度予算に盛り込み『正式計画』として進めると報じられています。続きを読む

アンガラA5

ソユーズ宇宙船に変わる新型有人宇宙船の打ち上げをはじめ、運用している様々なロケットを1本化していこうというコンセプトで開発されたロシアのアンガラロケット。しかし、今後2020年までの打ち上げは予定はわずか2回。いったい何があったのでしょうか。
続きを読む

image_18

宇宙を漂う制御不能の人工衛星は長期間漂い続けます。そのような特に大きな宇宙ゴミ(スペースデブリ)について、航空大手エアバスはモリを打ち込み回収し地球に落下させる装置を開発しており、来月試作型を打ち上げると報じられています。
続きを読む

アタカマ砂漠

南アメリカ、チリに広がるアタカマ砂漠。世界で最も降水量の少ない地域であり、かつて40年間全く雨が降らなかった記録があるという地球上で最も乾燥した砂漠として知られているのですが、そんな環境でも微生物がたくましく生息していることが明らかになりました。続きを読む

↑このページのトップヘ