ZAPZAP!

宇宙・天体

image_43

日々宇宙から降り注ぐ塵。その量だけで年間4万トンあまりとされていますが、大きいものは流星や隕石として観測することができます。そんな空からの飛来物に関して、先日チリで何かが落下してきたもののいったいどのような物なのか原因が明らかになっていないと報じられています。続きを読む

ボリソフ彗星

太陽系を狙撃するかのように内側まで飛来し飛び去った未知の天体『オウムアムア』。この天体は後日、太陽系に属さない史上初の恒星間天体となったのですが、先月発見されたボリソフ彗星 (C/2019 Q4)について2番目の恒星間天体に認定されました。続きを読む

image_27

「水金地火木…」と理科や科学の時間に習った私達太陽系の惑星。最近、海王星のはるか外側に地球質量の約10倍程度の天体が公転している可能性が指摘されています。実はこの未知の天体がブラックホールである可能性があるという研究が発表されているそうです。
続きを読む

地上試験用B330_2

人間が宇宙で活動する際に必要となるのはモジュールと呼ばれる一般的に金属で作られた密閉空間です。一方ビゲロー・エアロスペースは空気で膨らませて使う次世代モジュールを有人月・火星探査などの採用に向けて開発を進めています。
続きを読む

image_22

民間宇宙企業の草分け的存在になったスペースX。同社のCEO イーロン・マスク氏は先日開発中の超大型宇宙船 スターシップに関するプレゼンテーションを行い今後の計画と最新の仕様について発表を行いました。続きを読む

image_77

恒星が一生を終えるときその分岐は恒星質量によって変化します。例えば太陽であれば白色矮星に、もっと大質量の恒星は中性子星やブラックホールになります。これに関してウェストバージニア大学の天文学者チームはブラックホールになりそこねたと考えられる大質量の中性子星を発見したと報じられています。続きを読む

image_3

近年クワッドコプターなど小型無人機、所謂ドローンが市販され誰もが簡単に飛ばすことができる時代になりました。一方、NASAもこのドローンを運用しているのですが、なんと世界で初めて地球以外の環境に適応した火星用ドローンが実装されたと報じられています。続きを読む

↑このページのトップヘ