ZAPZAP!

いずも型護衛艦

いずも改装案_2

戦後初めて固定翼機の運用を行う艦艇への改装が決定した『いずも型護衛艦』。一方、どのような形状になるのか、搭載可能な基数などは未だ明らかになっていないと考えられるのですが、海外の軍事系メディアによるとゼネラル・アトミックス案として、電磁カタパルトを搭載した改装案が示されたと報じられています。続きを読む

image_78

国内の複数メディアによると、海上自衛隊最大の護衛艦であるいずも型護衛艦に関して垂直離着陸が可能なF-35Bを運用する艦艇へ改修する案については協議が継続中としているのですが、改修後は『多用途運用護衛艦』と呼ぶことに決定されたとしています。続きを読む

護衛艦 かが 金沢港

国内の複数メディアによると来月末にも纏められる防衛計画の大綱に関して、F-35Bの導入はほぼ決定となり、それを運用する母艦としていずも型護衛艦を改修し空母(揚陸艦)にする方向で最終調整に履いていると報じられています。続きを読む

image_57

海上自衛隊が保有する護衛艦の中では最大の『いずも型護衛艦』はF-35Bが運用が可能かどうか調査が進められているのですが、一方で広いとは言えない格納庫に何機搭載することができるのか、今回は格納庫サイズとF-35Bのサイズから制作された非公式の図を紹介していきます。
続きを読む

↑このページのトップヘ