ZAPZAP!

アフリカ豚コレラ

image_163

昨年より北朝鮮経由で入ってきたと考えられるアフリカ豚コレラウイルスが南北境界線付近で複数確認されています。問題は致死率が95~100%とする致命的なウイルスがイノシシにより媒介されるという問題です。これに関して韓国ではある方法で拡散を防ぐことができていると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_3

韓国では現在北朝鮮と国境接するエリアでアフリカ豚コレラが多数確認されています。これは日本で発生している豚コレラとは種類が異なるのですが、先日も新たに2頭の野生イノシシからウイルスが見つかったと報じられています。(画像は参考資料)続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_66

現在ワクチンなどは存在せず、普通の国では感染した豚やその豚肉についてはすべて処分する以外感染を抑制する方法はないのですが、一方中国では犯罪組織が安い豚肉を入手したいがためアフリカ豚コレラを人的に撒かれていると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_43

韓国の複数メディアによると、アフリカ豚コレラの感染拡大を防ぐため殺処分した豚について、先日の大雨により豚の体液が流出し、飲料水の水源ともなっている川を赤く染めるという出来事があったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_10

感染力が強く、薬なども存在しないため感染拡大を防ぐには殺処分以外方法が無いのはアフリカ豚コレラです。韓国では現在も北朝鮮と国境を接するエリアで野生のイノシシからアフリカ豚コレラが相次いで発見されており、2日現在で20頭が確認されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_48

日本周辺では中国、北朝鮮、そして韓国で感染が広まっているアフリカ豚コレラ。これにより豚肉価格が高騰している中国では豚肉の代替品として一部では犬肉やウサギの肉が消費されていると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_38

現在韓国の最北部で問題となっているアフリカ豚コレラの感染拡大に関して、今月20日時点で野生のイノシシ10頭で発症が確認され範囲が広がっていることから初期防疫が失敗したという指摘がでる可能性があると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_22

韓国で『玉ねぎ男』と同じく多く報じられているのは国内で拡大を見せている致死率の高いアフリカ豚コレラに関する問題です。これに関して、先日ウイルスを媒介する野生のイノシシが韓国北部の民間人出入統制区域の外で初めて確認されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_14

韓国最北部、北朝鮮と国境を接するエリアでアフリカ豚コレラに感染した野生のイノシシが発見された問題に関して、政府はこれらイノシシを銃殺処分するという方法で進められているものの未知の地雷があるとされており作業を難しくする可能性があると報じられています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_3

韓国で感染拡大の懸念がされている致死率の高いアフリカ豚コレラに関して、北朝鮮との軍事境界線がある非武装地帯を超え民間人の出入りが制限されている民間人出入統制区域でも確認が相次いでいると報じています。(写真は民統線の参考資料)続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ