ZAPZAP!

アメリカの宇宙開発

image_24

日本時間28日午前5時33分、フロリダ州から打ち上げを予定していたSpaceXが開発した有人宇宙船クルードラゴンに関して発射場付近の悪天候が理由で打ち上げ十数分前に中止となりました。次回の打ち上げ予定は31日になります。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_17

ヴァージン・グループのヴァージン・オービットによると、現地時間25日ボーイング747を改造した母機から空中発射ロケット『ランチャーワン』を打ち上げたものの間もなくエンジンが停止し打ち上げは失敗したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_213

映画のワンシーンのようなこちらの写真。もちろん実物なのですが、ヴァージン・グループのヴァージン・オービットはジャンボジェット機を改造した母機から空中発射ロケット『ランチャーワン』初号機の打ち上げを現地時間、25日(日)に実施すると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_5

ロケットの中で最も高価なエンジン。このエンジンに関して大手エアロジェット・ロケットダインは次世代ロケットエンジンとして3Dプリンタで作ったロケットのテストしたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

X-37B_1

アメリカ空軍が運用する小型無人スペースプレーン『X-37B』。過去、どのようなミッションが行っているのか明らかにされておらず注目を集めていた機体なのですが、この機体に関して6度目となる打ち上げを今月16日に実施すると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_142

アメリカが2020年代にも再び有人月面着陸を実施しようとしています。そうなると着陸船が必要となってくるのですが、NASAはこの開発について国内の3つの企業に対して契約を交わしたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

クルードラゴン

アメリカの民間企業スペースX及びNASAは来月、自社が開発するクルードラゴンを使用し宇宙飛行士の有人打ち上げを実施すると発表しました。初の有人打ち上げでは2名のアメリカ人宇宙飛行士を、その次の打ち上げでは日本人宇宙飛行士の野口さんらが搭乗する予定です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_75

アメリカの民間企業、ヴァージングループのヴァージン・オービットが目指す旅客を用いたロケットの打ち上げ構想に関して、先日試験打ち上げ前の最終的なテスト飛行試験が終了したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_61

今年7月に打ち上げに向け準備が進んでいるのは『マーズ2020』とこれまで呼ばれていた新たな火星探査車『パーシビアランス』です。この探査車には地球外の天体で初めて運用する回転翼を搭載したドローンを運用する計画で先日探査車への搭載作業が終了したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_37

アメリカが中心となり開発・建造が始まる月軌道上の小型宇宙ステーション『ゲートウェイ』。これに関してゲートウェイへの物資輸送に関してスペースXが新たに開発するドラゴンXLが採用されることが決定されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ