ZAPZAP!

アメリカの宇宙開発

image_98

アメリカ東部時間今月12日、太陽探査衛星『パーカー・ソーラー・プローブ(Parker Solar Probe)』を乗せたデルタⅣヘビーロケットが打ち上げられ予定された軌道へ投入することに成功したと報じられています。ちなみにこの人工衛星の速度は今後秒速200kmに達し、人類が作った人工物としては最速の物体となる予定です。続きを読む

image_5

アメリカの民間企業スペースXが開発しているインタープラネタリー・トランスポート・システム(ITS)に搭載するエンジンとして開発が進められているロケットエンジン『ラプター』に関して飛行可能なバージョンに関して来年にも準備ができるとする発表が行われたと報じられています。続きを読む

image_19

アメリカの民間企業、ブルー・オリジンは自社が運用するロケット『ニュー・シェパード』を用いた無人の有人宇宙船を打ち上げ、高度106kmに達したと報じられています。同社は今年にも有人打ち上げを目指し開発が進められています。続きを読む

NGR

数々の仕様変更を加えられ、1回の打ち上げで姿を消した幻のロケット『アレスI』。そのアレスIと似ているロケット『ネクスト・ジェネレーション・ロケット(NGR)』が2021年にも打ち上げられる予定だと報じられています。続きを読む

↑このページのトップヘ