ZAPZAP!

アメリカの宇宙開発

image_27

アメリカでは当たり前のように民間企業がロケットを打ち上げ、国際宇宙ステーションに物資などを輸送しています。その草分け的存在のスペースXが現在開発しているのはスターシップという超大型宇宙船です。同社のCEOによると、この宇宙船の1回あたりの打ち上げコストはたった2億円になると主張しているそうです。続きを読む

アトラスV

人工衛星から軍事衛星まで様々な衛星が地球から打ち上げられていますが、中にはその重要なパーツが外国製というものがあります。これに関してロシアメディアはアメリカが現在打ち上げているロケット使用されているロシア製エンジンから将来も脱却できないだろうと主張しています。
続きを読む

スターライナー

航空宇宙大手のボーイングが開発している有人宇宙船CST-100『スターライナー』が初となる打ち上げ脱出システムの試験が実施されました。今回の試験では一部パラシュートが開かないなどトラブルも発生しました。続きを読む

アルテミス計画

トランプ政権下のアメリカは2020年代に再び有人月面探査を行うアルテミス計画を進めています。この計画では史上初となる女性宇宙飛行士の月面着陸も予定されているのですが、現在のアルテミス計画がどのようになっているのか詳細が報じられています。続きを読む

image_57

2020年の有人打ち上げを目指すスペースXの有人宇宙船『クルードラゴン』に関して打ち上げ脱出システムの地上試験が間もなく実施されると報じられています。この試験は搭載したエンジンが爆発するという致命的な失敗に終わっています。続きを読む

↑このページのトップヘ