ZAPZAP!

アメリカの宇宙開発

image_51

人類が地球以外の天体から土壌サンプルを持ち帰った例はアポロ計画や日本のはやぶさ(小惑星)、彗星の塵を回収した程度と数少ないのですが、アメリカが2020年代に実施を計画している火星土壌のサンプルリターン計画について「2020年代に送り返すのは難しい」という内容をNASAの研究者が発表しています。続きを読む

image_61

アメリカの民間宇宙開発企業『スペースX』は、先日ファルコン9ロケットに無人の有人宇宙船クルードラゴンを搭載した打ち上げを行い成功したと発表しました。民間企業が有人の宇宙船を開発し地球軌道を周回させた例は無いと考えられ史上初の出来事となりました。続きを読む

クルードラゴン_1

NASA(アメリカ航空宇宙局)によると、スペースXが開発した有人宇宙船『クルードラゴン』の初打ち上げを3月2日に実施すると発表しました。クルードラゴンは打ち上げ後国際宇宙ステーションにドッキングし地球に帰還します。今回の打ち上げは民間企業としては史上始めて地球軌道を周回する宇宙船となる予定です。続きを読む

image_193

地球に最も近い天体『月』。最近は水などの資源があることが分かり注目されている天体の1つなのですが、将来実施される月面への着陸についてアメリカ航空宇宙局(NASA)はその着陸船を民間企業と協力して開発する趣旨の内容を発表しています。続きを読む

image_81

アメリカ航空宇宙局(NASA)によると、2004年7月に火星に着陸して以降現在運用を続けていた火星探査車オポチュニティの運用を終了すると正式に発表しました。同探査機は昨年6月に発生した火星を覆う砂嵐により通信が途絶えた状態となっていました。続きを読む

↑このページのトップヘ