ZAPZAP!

アメリカの宇宙開発

image_186

先月、アメリカで試験されていた民間企業スペースXが開発したクルードラゴンという有人宇宙船の試験中に爆発事故が発生した件に関して、未だに事故の詳細が明らかにならないという異常な状態が続いています。これに関してスペースXの幹部は事故の詳細は避けたものの爆発により宇宙船が破壊されたと口にしていることが明らかになりました。続きを読む

image_39

アマゾンのCEOジェフ・ベゾス氏が創設した民間宇宙企業、ブルー・オリジンは自社が開発しているニューシェパードという有人宇宙船打ち上げシステムを使用し10回目となる高度100kmの宇宙到達に成功したと報じられています。続きを読む

image_186

スペースシャトル引退以降途絶えているアメリカの有人打ち上げ。今年スペースXのクルードラゴンという有人宇宙船の打ち上げが計画されているのですが、地上で行われた試験で脱出用スラスターに異常が発生したとしています。続きを読む

image_160

先日、アメリカのペンス副大統領及びNASAが発表した2024年までに有人月面探査を再度実施するという計画に関して、F-35やF-22の開発でお馴染みの航空宇宙大手ロッキード・マーティンが有人探査を可能とする着陸船『アーリー・ゲートウェイ』を発表しました。続きを読む

image_170

アメリカの民間企業スペースXが打ち上げた世界最大の打ち上げ能力があるファルコンヘビーロケットに関して、海上に展開された無人船に着陸を果たしたものの荒波が理由で横転し海に沈んだと報じられています。続きを読む

image_152

アメリカの民間企業、ストラトローンチ・システムズは自社が開発しているロケットの空中発射母機『ロック』に関して現地時間13日に初飛行が実施されたと報じられています。続きを読む

image_135

アメリカのベンチャー企業スペースXが打ち上げた世界最大のロケット『ファルコン・ヘビー』が日本時間今朝実施され、人工衛星の投入及び打ち上げに使用したロケットの回収に成功したと発表しました。打ち上げに使用した3つのロケットの回収は宇宙開発史上初の偉業となりました。続きを読む

↑このページのトップヘ