ZAPZAP!

アメリカの宇宙開発

image_294

アメリカ航空宇宙局によると土星最大の衛星タイタンに着陸し探査を行う『ドラゴンフライ』を2026年に打ち上げると発表しました。この探査機は車輪などは搭載せず、合計8基のプロペラで着陸するという斬新なデザインになっています。続きを読む

image_248

アメリカのトランプ政権が再び実施することを決定した有人月面着陸、いわゆるアルテミス計画に関してCNNによるとNASAの発表として今後5年間つまり2024年までの再有人月面着陸までの事業費として約2兆1800億から約3兆2700億円が必要であることが明らかになりました。続きを読む

image_223

アメリカの民間企業、スペースXが運用するファルコン9ロケットに関して先日、打ち上げに使用した第1段目が霧の中で着陸を行うという回収が始まって以来、視界ゼロの環境で初めての着陸が実施されたと報じられています。続きを読む

image_186

世界で運用されているロケット。その中には明らかに『弾道ミサイル』を流用したものがいくつか含まれています。これに関してアメリカ国防総省は民間企業に対してミサイルによる人工衛星の打ち上げを行っている国として新たに『ロシア』のミサイルの使用を禁止されるとのことです。続きを読む

image_197

ヴァージン・グループの一つジャンボジェット機を使用し空中発射ロケットの運用を目指すヴァージン・オービットは過去に契約していたOneWebの人工衛星打ち上げについてキャンセルされたとして同社を売ったる行動にでたと報じられてます。続きを読む

image_201

日本を始めアメリカやロシア、ESAなど複数の国で運用されている国際宇宙ステーション。これに関してNASAは早ければ2020年にも開放し、宇宙での製造、マーケティング、広告などの営利活動を許可する方針を発表しました。続きを読む

image_188

3Dプリンタといえば100円ショップに売っているような小物を個人が生産することができる程度とイメージを持たれている方も多いと思うのですが、アメリカの民間企業レラティビティ・スペースはなんとロケットそのものを経った60日間で作り上げる発射を行うことができると主張しています。続きを読む

↑このページのトップヘ