ZAPZAP!

アメリカの宇宙開発

image_22

民間宇宙企業の草分け的存在になったスペースX。同社のCEO イーロン・マスク氏は先日開発中の超大型宇宙船 スターシップに関するプレゼンテーションを行い今後の計画と最新の仕様について発表を行いました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_3

近年クワッドコプターなど小型無人機、所謂ドローンが市販され誰もが簡単に飛ばすことができる時代になりました。一方、NASAもこのドローンを運用しているのですが、なんと世界で初めて地球以外の環境に適応した火星用ドローンが実装されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Large Inflatable Fabric Environment_1

アメリカの民間企業シエラ・ネバタ社が開発しているのはスペースプレーンだけではありません。実は宇宙で宇宙飛行士らが活動するモジュールの開発も進めています。これはLIFEと呼ばれるもので宇宙でふくらませることで直径8mの巨大モジュールとして利用することができます。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_4

主にアメリカが将来実施する予定を組んでいるのは有人火星探査です。これに関して、現地つまり火星での使用を目的とした宇宙服の開発が進んでいるのですが、先日アイスランドで氷河を登る試験が実施されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_90

アメリカの民間宇宙開発企業スペースXが開発している新型ロケット『スターシップ』についてプロトタイプとなるスターホッパーの高度150mおよび垂直着陸試験に成功しました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドリームチェイサー

民間企業シエラ・ネバタ社(SNC)が開発しているスペースプレーン『ドリームチェイサー』に関して、打ち上げ機としてユナイテッド・ローンチ・アライアンス(ULA)の次期ロケット、ヴァルカンを選択したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ベクターR_1

アメリカを中心に民間企業によるロケットの開発が盛んに行われているのですが、先日その一つだったヴェクター・ローンチ社が財務上の問題により工場が閉鎖され開発が中止となったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ