ZAPZAP!

アメリカの軍事

ROPHY Heavy Vehicle_M1A2_5

対戦車ミサイルの脅威か戦車を保護するアクティブ防護システム(APS)があるのですが、ポーランドで開催された『サーベル・ストライク』という演習で、アメリカの主力戦車がイスラエル製のアクティブ防護システムを搭載していたと報じられています。続きを読む

フレッチャープロジェクト

兵士を輸送するような車両には一般的に12.7mm程度の機銃が登載されている程度となっているのですが、ミズーリ州に本社を置くアーノルド・ディフェンスはヘリコプターで運用されているような対地ロケットを車両に搭載する計画を進めています。このミサイルは誘導することができる特徴もあるとのことです。続きを読む

image_151

近年戦場で新たな脅威となりつつあるのはマルチコプター機、所謂ドローンです。実際に中東では小型爆弾を搭載し投下するということも行われているのですが、このような脅威に対して米軍はレーザーを使い排除する方向で開発が進められているそうです。(写真は参考資料)続きを読む

↑このページのトップヘ