ZAPZAP!

アンガラロケット

アンガラA5

ソユーズやプロトンなど多くのロケットを一本化し、将来的に有人宇宙船の打ち上げ用としても使用する計画で進められている『アンガラロケット』について、ロシアの宇宙機関にあたるロスコスモスは有人打ち上げ能力のある派生型について開発を中止しソユーズ5という新型ロケットを開発すると一部ニュースサイトが報じています。続きを読む

image_68

ロシアの宇宙関連サイトによると、『アンガラA5V』というアンガラA5の性能向上型は開発は行わないと報じています。その背景にはロシアが今後実施する月面有人探査について性能が不足していることが大きな原因のようです。続きを読む

ボストチヌイ宇宙基地_1

ロシア東部、アムール州に建設を進めているのはボストチヌイという新しい宇宙基地です。この宇宙基地について来年4月末にソユーズシリーズとしては新型のソユーズ2ロケットを打ち上げる計画を発表しています。続きを読む

アンタレスロケット

2014年11月、アメリカの宇宙開発企業『オービタルATK社(旧オービタル・サイエンシズ)』が打ち上げたアンタレスロケット5号機が墜落炎上した事故について、これを改良したロケットを来年3月に打ち上げると発表しています。続きを読む

アンガラA5

クルニチェフ国家研究生産宇宙センターが開発しているのは「アンガラ」と呼ばれるロシアの次世代主力ロケット「アンガラ」シリーズです。その中でも「アンガラ A5」というロケットを来月12月初めて宇宙へ打ち上げます。続きを読む

2PP

ロシア航空宇宙防衛軍は「アンガラ」と名付けられた新型国産ロケットの初打ち上げについて成功したと発表しています。今回は今後ロシアの主力ロケットとなるアンガラロケットの特徴を紹介していきます。続きを読む

↑このページのトップヘ