ZAPZAP!

エアバス

image3

旅客機のジェットエンジンは一般的に翼の下に搭載されていますよね。大型の航空機では翼の前や下など配置される例がほとんどなのですが近い将来、エアバスが開発する旅客機は胴体にエンジンが搭載されるようになるかもしれません。続きを読む

image_1

場合によっては何百人もの人が乗り込む大型の旅客機。考えただけでも時間が掛かることは当たり前なのですが、なんとこれをスムーズに行っていまうという特許をエアバスが取得しました。続きを読む

image_11

エアバスがアメリカで特許を取得したのはマッハ4.5で飛行可能な極超音速旅客機です。ターボジェットエンジン、ロケットモーター、ラムジェットエンジンを搭載した機体でエアバスは旅客機以外でも軍事用にも使用できると話しているそうです。
続きを読む

A400M

2015年5月9日に墜落したエアバスA400Mという軍事用輸送機について、エンジンが停止した理由はソフトウエアのトラブルにより燃料供給が遮断されていた可能性が高いことが分かったとしています。続きを読む

エアバス ベルーガ

エアバスが5機運用している特殊な輸送機として「エアバス ベルーガ」があります。皆さんもテレビ等で一度は目にしたことがある航空機と思われるのですが、エアバスは同機の退役を前に新たな輸送機の開発を発表しました。(写真は現在運用されているベルーガ)続きを読む

エアバス

高速で移動出来る旅客機は現在の交通手段として欠かすことはできませんが、一方でより多くの人を一度に運べる旅客機が幾つか考案されています。今回はエアバスが特許申請したという立ち乗り案を紹介していきます。続きを読む

↑このページのトップヘ