ZAPZAP!

エコロジー

image_33

中国で昨年末、世界でも珍しい高速道路の路面にソーラーパネルを敷き詰めるという『ソーラー道路』が試験投入されました。運用開始から約5ヶ月が経ったのですが道路はどうなったのか、今回は具体的な発電量や設置コストなども伝えられています。
続きを読む

image_74

中国へのゴミ輸出ができなくなり資源ゴミのが溢れかえるという事態に陥っているという韓国。その一つペットボトルに関して、資源ゴミとして輸出する一方で日本の廃ペットボトルを輸入していたことが明らかになりました。何故日本の廃ペットボトルを輸入しているのでしょうか。続きを読む

image_90

電気自動車の欠点はいくつかあるのですが、その原因はバッテリーが元になっている場合があります。欠点を補うためには充電時間やバッテリー容量の改善などが必要となってくるのですが、一方でスウェーデンでは走行中に充電できるという珍しい道路が建設されたと報じれています。続きを読む

image_18

ペットボトルなどプラスチックは資源ごみとして日頃から分別、回収されています。これら回収された資源ごみは再生されていると思いきや、実はその大半が燃やされているのはご存知でしょうか。今回は関連するサイトの資料から紹介していきます。続きを読む

image_8

あちこちに太陽光発電を行う建設されていますが、この太陽光発電による電気のコストに関して国際再生可能エネルギー機関が行った調査によると、2010年と2017年の比較で1kワット/時当たり7割も下落していたと発表しています。続きを読む

↑このページのトップヘ