ZAPZAP!

エコロジー

ラスベガス

多くのカジノが立ち並ぶラスベガス。観光都市としても世界的に有名な都市なのですが昨年12月12日以降、市で消費される電力は全て無炭素の再生可能エネルギーでまかなうことが可能となったとしています。続きを読む

image_28

自動車の世界では既に多くのEVが市販化され街を走り回っていますが、一方で農業分野で使用されるトラックや農機具分野では出遅れている感じがしますよね。そんな中、業界大手のJohn Deere(ジョン・デア)は世界的にも珍しい電動の耕運機を開発し来年から出荷すると発表しているそうです。続きを読む

image_18

太陽光、風力、潮力など様々な再生可能エネルギーによる発電がいつの間にか本格的に行われるようになったのですが、マイクロソフト社のビル・ゲイツ氏はこれら再生可能エネルギーを含むクリーンエネルギーを生産する企業に対し投資を行うBreakthrough Energyという投資ファンドを設立したと報じられています。続きを読む

image_1

東日本大震災以降、日本では屋根にソーラーパネルを載せている家を多く見かけるようになりましたが、電気自動車を販売しているテスラ・モーターズはソーラーパネルと屋根が一体型となった製品を発表すると報じられています。続きを読む

image_26

お肉や魚、惣菜、お菓子などスーパーではプラスチック製食品トレーに入れられた食材を多く見かけますが、フランスでは2020年以降、家庭でも処理できる生物由来の素材を5割使用した製品の使用を義務付ける法律が制定されたと報じられています。続きを読む

image_59

街を歩けば太陽光発電を設置している家庭を多く見かけるようになりましたよね。そこで疑問なのが太陽光発電を製造するにあたり発生したCO2です。いったいどのくらいの年月で回収することができるのか、むしろ回収は難しいのではないかと思ってしまうのですが日本の産業技術総合研究所による公式見解を紹介していきます。続きを読む

↑このページのトップヘ