ZAPZAP!

ゲートウェイ

再使用型月着陸船(ロッキード・マーティン)

トランプ政権下により進められている月の開発に関して、航空宇宙大手のロッキード・マーティンは月軌道の宇宙ステーション『ゲートウェイ』と月面上を行き来できる再使用型着陸船のコンセプトを発表しました。続きを読む

月

国際宇宙ステーション引退後の宇宙開発として注目されているのは月です。これに関してロシアの宇宙機関にあたるロスコスモスはこれまで計画に参加するとしていたアメリカの月軌道の宇宙ステーション『ゲートウェイ』に関して参加しないと報じられています。続きを読む

image_101

国際宇宙ステーション引退後の宇宙開発としてアメリカを中心に月軌道に小型宇宙ステーションを建造し将来は月・火星開発などが計画されています。この計画に関して先日、内容が更新されたと報じられています。続きを読む

LOP-G_1

アメリカが新たな宇宙開発として火星への有人探査を掲げていますが、その中継基地としても運用されるのは月軌道に設けられる当たらな宇宙ステーションです。これに関してコアモジュールの打ち上げを2022年に打ち上げるため2019年度予算に盛り込み『正式計画』として進めると報じられています。続きを読む

image_18

国内メディアによると、日本の今後の宇宙開発に関して指針を示した宇宙基本計画の工程表改定案が了承され、アメリカが中心となり建設される予定の月軌道の宇宙ステーション計画に正式に参加することで最終的には月面有人探査を目指すと報じられています。続きを読む

↑このページのトップヘ