ZAPZAP!

コンピュータウイルス

マーカス・ハチンス

今年5月、欧州を中心に身代金要求型ウイルス(ランサムウェア)、「WannaCry(ワナクライ)」に感染し病院なども混乱が生じた出来事がありました。その後、このウイルスの停止させることに成功したマーカス・ハチンス氏が、過去にマルウェアという不正ソフトを製造していたいう容疑で逮捕されたと報じられています。
続きを読む

image_12

今月、世界中で被害が報告された身代金要求型ウイルス、いわゆるランサムウェア「WannaCry(ワナクライ)」について感染し暗号化されてしまったファイルを復元可能な解除ツールが公開されたと報じられています。続きを読む

image_81

最近販売されているテレビであれば当たり前のようにWi-Fiが搭載され、スマホやYoutubeなどを閲覧することができますが、実はこの手のスマートテレビを停止した上で金銭を要求するウイルスが確認されていると報じられています。続きを読む

img_61

韓国メディアによると首都ソウルの市街地に張り巡らされているソウル地下鉄について、なんとこの列車の運行及び制御する中核的な役割を担うコンピュータがウイルスに感染し、これに気付かず数年間も運用していたことが明らかになりました。続きを読む

↑このページのトップヘ