ZAPZAP!

スペースプレーン

ドリームチェイサー

アメリカ航空宇宙局(NASA)によると、民間企業シエラ・ネバタ社が開発しているスペースプレーン『ドリームチェイサー』について2019年以降、国際宇宙ステーションへの補給ミッションに使用すると発表しています。続きを読む

スカイロン

旅客機のように滑走路から離陸し宇宙に行き再び滑走路に戻ってくるというこれまでにないスペースプレーン「スカイロン」を開発しているリアクション・エンジンズ社。この機体について大手の軍需企業BAEシステムズが出資すると報じられています。続きを読む

スカイロン_1

風変わりな形状のこちらの乗り物(CG)。実は宇宙と地球を行き来できるスペースプレーンです。これはイギリスの企業が開発しているものなのですが、2019年にも初飛行が行われる見込みだとしています。続きを読む

XS-1_2

アメリカが国を上げて開発を目指しているのは、『10日間に10回』これまで考えられなかった頻度で地上と宇宙を往復する次世代スペースプレーンです。大手航空メーカー、及び民間宇宙開発企業からなる3チームが開発しているのですがノースロップ・グラマンのXS-1案が発表されました。続きを読む

↑このページのトップヘ