ZAPZAP!

スペースX

6

アメリカの民間企業スペースXは現地時間19日、有人宇宙飛行の打ち上げを目指し実施された打ち上げ脱出システムの試験に成功したと発表しました。今回の試験成功を受けて今年中に有人打ち上げが実施される可能性が示唆されています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_140

アメリカの民間企業スペースXが開発を進めている有人宇宙船『クルードラゴン』について、アメリカ現地時間1月18日午前8時に実施すると報じられています。この試験は実際のロケットを用いて宇宙船を打ち上げ、大気圏内で宇宙船を切り離すという内容になります。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_106

アメリカの民間企業スペースX。この企業は主に企業やNASAなどの人工衛星を打ち上げを行っている商業打ち上げ企業として草分け的存在となっているのですが、先日人工衛星を保有する企業として世界一位となったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_76

アメリカの民間企業スペースXが運用しているファルコン9ロケット。これは日本が運用しているH-2Bロケットを超える打ち上げ能力がある強力なロケットなのですが、打ち上げコストは最大でH-2Bの5分の1程度の2000万ドル、約22億円まで下げることができると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_59

アメリカの民間宇宙企業、スペースXは現在同社が運用を目指し開発を進めているスターシップの試験機で爆発事故が発生したと海外メディアが伝えています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

クルードラゴン_1

アメリカの民間宇宙企業スペースXは近く運用を目指す有人宇宙船、クルードラゴンの地上での脱出エンジンテストを実施し問題なく試験を終えたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_41

アメリカの民間宇宙企業スペースXは、現地時間11月10日午前、フロリダ州から同社が構築を目指すスターリンク衛星を搭載したファルコン9ロケットの打ち上げに成功したと報じられています。今回のロケットは過去に3回打ち上げられ再整備されたロケットの打ち上げになっていたとのこと。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_27

アメリカでは当たり前のように民間企業がロケットを打ち上げ、国際宇宙ステーションに物資などを輸送しています。その草分け的存在のスペースXが現在開発しているのはスターシップという超大型宇宙船です。同社のCEOによると、この宇宙船の1回あたりの打ち上げコストはたった2億円になると主張しているそうです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_57

2020年の有人打ち上げを目指すスペースXの有人宇宙船『クルードラゴン』に関して打ち上げ脱出システムの地上試験が間もなく実施されると報じられています。この試験は搭載したエンジンが爆発するという致命的な失敗に終わっています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

スターリング

スペースXは地上のどこからでも安定した大容量のインターネット接続を可能とする衛星インターネット網の構築を目指していることについて、同社は承認された1万2000基に追加して3万基を追加する書類を提出したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ