ZAPZAP!

スペースX

火星

2020年代までに超大型宇宙船を打ち上げ火星に人類を移住させる計画を発表したスペースX。気になる旅費について、スペースXによると乗客一人あたり20万ドル、日本円でわずか2,300万円を計画していると報じられています。続きを読む

image1

様々なデータがインターネット上を駆け巡り地球の裏側の出来事もリアルタイムで誰でも見ることができる時代になりましたが、誰もが利用しているインターネット網について宇宙空間に構築するという理由からスペースXは4425機の人工衛星打ち上げを行うとしてアメリカ当局に申請していると報じられています。続きを読む

image_98

9月1日、スペースXが運用しているファルコン9ロケットが打ち上げ前の実施する燃焼試験の給油中に突然爆発するという事故が発生した件に関して、NASAの第三者委員会となるISS諮問委員会は同ロケットによる有人打ち上げに関して懸念を表明したと報じられています。続きを読む

image_52

イーロン・マスク氏率いるスペースXが2020年代に実現可能だと主張しているのは人類の火星移住です。超大型ロケットを開発しこれを実施すると先月末に発表されたばかりなのですが、今回は火星でどのよなことを行う必要があるのか本人から語られました。続きを読む

image_29

先日、スペースXは人類火星移住計画として超大型ロケットと宇宙船を打ち上げ早ければ2020年代にも実施すると発表しました。移住にあたり問題となるのは火星の厳しすぎる環境なのですが同社のCEO、イーロン・マスク氏には火星の環境そのものを変える方法を提案しています。続きを読む

↑このページのトップヘ