ZAPZAP!

ソーシャルゲーム

ログレス

株式会社 Aiming(エイミング)が開発したスマホゲーム『ログレス』こと『剣と魔法のログレス いにしえの女神』で同社の契約社員がプレイヤーのアカウントを盗み、売却していたとして逮捕されたと報じられています。続きを読む

image_19

基本料無料でゲームを有利にすすめることができるアイテムは有料という『F2P』がスマホアプリには多く採用されています。この手のゲームは重課金者が一部いることが知られているのですが、アメリカで45歳の男が会社の金で課金を繰り返していたことが明らかになりました。続きを読む

image_28

テレビCMや広告などスマホゲーは数多く製品化されていますが、この内『F2P』基本プレイ無料のオンラインゲームについて、企業に入る収益の半分はわずか0.19%のユーザーが課金したものであることが明らかになりました。続きを読む

image

ソーシャルゲーム事業者41社(他に準会員25社と賛助会員5社)からなる日本オンラインゲーム協会『JOGA』が今年4月1日から施行するという所謂『有料ガチャの自主規制』を発表したのですが、実際は複数の抜け道が用意されていることが明らかになりました。続きを読む

image_24

ほぼ全てのスマホゲームで導入されている『ガチャ』という希少アイテムを引ける課金システムについて、正会員41社からなる日本オンラインゲーム協会は1回のガチャに対し課金額の上限を5万円とする自主規制を4月1日から施行するとしています。しかし、ネットでは「上限額が高すぎる」という声が多く寄せられています。続きを読む

image_30

ゲーム内で使用するアイテムやキャラクターをランダムで引ける有料サービス、所謂『ガチャ』について、スクウェア・エニックスのスマホゲーム『星のドラゴンクエスト』で、有料アイテムを揃えるには200万円以上かかることが実際の調査により明らかになったとネット上で話題になっています。 続きを読む

image_26

グランブルーファンタジーことグラブルはこれまで上限がなかった課金ガチャについて上限を9万円分として該当するアイテムをもらえるよう仕様変更を発表しました。しかし常識離れした額にネット上では批判の声が多く寄せられています。続きを読む

↑このページのトップヘ