ZAPZAP!

トラピスト1

トラピスト1_1

昨年、地球からみて水瓶座の方角にあるTRAPPIST-1(トラピスト1)の観測が行われた結果、新たに4つの惑星が発見されました。公転しているのは何れも地球型惑星で地表に水があると期待されていたのですが、水の量が多すぎ完全な水の惑星になっている可能性があると研究結果が報告されています。続きを読む

image_31

先月末、『TRAPPIST-1(トラピスト1)』という星系に新たに4つの惑星が確認されたと報じられました。この星系にはハビタブルゾーン(生命居住可能領域)を公転している惑星がいくつか確認されているのですが、実はこれらの惑星は小惑星の衝突などで惑星間を微生物が飛び交っている可能性があると報じられています。続きを読む

TRAPPIST-1

地球から39光年という位置にある恒星『TRAPPIST-1』を観測した結果、7つの惑星(4つは新発見)が確認され内3つの惑星で液体の水が存在する可能性があることがわかりました。今回は『木星』程度の大きさしかないなど太陽系とは大きく異なる点を掘り下げて紹介していこうと思います。続きを読む

↑このページのトップヘ