ZAPZAP!

ドリームチェイサー

ドリームチェイサー

民間宇宙ベンチャー、シエラ・ネヴァダが開発しているスペースプレーン『ドリームチェイサー』について、先日滑空試験を行う前のヘリコプターによる吊り下げ試験が実施されたと報じられています。続きを読む

image_28

通信から各種観測まで人工衛星は様々な使い方ができるのですが、このチャンスを先進国以外の国々も行えるよう国際連合は2021年以降、途上国の人工衛星打ち上げ計画を発表しているそうです。続きを読む

ドリームチェイサー

アメリカの民間宇宙ベンチャー、シエラ・ネヴァダが開発しているスペースプレーン補給船ドリームチェイサーについて初打ち上げを2019年10月に実施すると報じられています。続きを読む

ドリームチェイサー

アメリカ航空宇宙局(NASA)によると、民間企業シエラ・ネバタ社が開発しているスペースプレーン『ドリームチェイサー』について2019年以降、国際宇宙ステーションへの補給ミッションに使用すると発表しています。続きを読む

ドリームチェイサー

アメリカの民間企業シエラ・ネバタ社が開発しているスペースプレーン『ドリームチェイサー』。海外メディアによると来年にも初の宇宙空間からの帰還を行う弾道試験を行うと発表しています。続きを読む

CST-100_1

スペースシャトルが退役し現在宇宙飛行士を宇宙に打ち上げる手段のないアメリカ。現在、民間企業が開発した宇宙船で国際宇宙ステーションへの人員輸送を行う方針が進められているのですが、この審査についてボーイングとベンチャー企業のスペースXが選ばれたと報じられています。 続きを読む

↑このページのトップヘ