ZAPZAP!

ドローン

image

誰もが簡単に飛ばせることができるドローン。このドローンに関してドローン規制法改正案が提出されており、今後自衛隊や在日米軍の施設上空を飛行できなくなります。これに関して立憲民主党の蓮舫議員は「国民の知る権利、報道の自由などを理由に報道目的であれば飛行を認める」という対案を提示していたことが明らかになりました。続きを読む

image_17

最近、イランがアメリカの空母CVN69『アイゼンハワー』に対してイラン製ドローンを使用し近撮したなどと発表していたのですが、アメリカ側は同空母はイランが主張する海域には「2016年以降派遣したことがない」と発表していると報じられています。続きを読む

image_110

誰でも簡単に離着陸させることができ、本格的な空撮もできるドローン。1万円を切る値段から10万円を超す高価なものも存在しているのですが、韓国ではこの手のドローンに対して規制が強化されるとしており、特に空港付近で無許可で使用した場合は最大で100万ウォン(約10万円)の罰金が課される案が提出される報じられています。続きを読む

image_100

手のひらに収まるものから人が乗り込めるサイズの大型ローンまで開発されている現代。一方でロシアのモスクワ航空大学はこれまで開発されたことはなかったと考えられる散弾銃を搭載したドローンの試験が行われたと報じられています。
続きを読む

↑このページのトップヘ