ZAPZAP!

ファルコン9

image_223

アメリカの民間企業、スペースXが運用するファルコン9ロケットに関して先日、打ち上げに使用した第1段目が霧の中で着陸を行うという回収が始まって以来、視界ゼロの環境で初めての着陸が実施されたと報じられています。続きを読む

image_70

人工衛星や国際宇宙ステーションへの物資輸送など1年間に多くのロケットを打ち上げているのはアメリカのスペースXです。現在、ロケットの回収と再利用を行っている世界でも唯一の企業でもあるのですが、この再利用ロケットに関して、来年にも回収から24時間以内の再打ち上げを実施すると発表しています。続きを読む

image_8

アメリカの民間宇宙企業、スペースXは現地時間22日通信衛星『Telstar 19V』を搭載したファルコン9ロケットの打ち上げと人工衛星の軌道投入に成功したと発表しました。また再利用可能な第一段ロケットの回収にも成功しました。続きを読む

image_30

アメリカの民間宇宙開発企業スペースXはエアバスが製造したSESの通信衛星SES-12をアメリカ時間4日(月)に打ち上げこれに成功したと発表しました。今回の打ち上げでは同社の再使用型ファルコン9ロケットが使用されたものの、打ち上げの関係から回収は行われませんでした。続きを読む

↑このページのトップヘ