ZAPZAP!

ファルコン9

FORMOSAT-5

今月25日アメリカの宇宙開発企業スペースXはカリフォルニア州から打ち上げたファルコン9ロケットを使用し、台湾が開発した地球観測衛星「Formosat-5(福衛5号)」を打ち上げ、軌道投入に成功したと発表しています。(画像は台湾上空を通過するCG)続きを読む

SpaceX CRS-12

アメリカの民間企業スペースXは国際宇宙ステーションへ物資を送り届けるドラゴン補給船を現地時間14日に打ち上げ第一弾目の着陸も合わせて成功したと発表しました。今回は撮影された打ち上げ映像も合わせ紹介していきます。続きを読む

image_24

アメリカの民間企業、スペースXが運用しているファルコン9ロケットについて現在打ち上げ能力向上型となる3回目の改良モデルであるファルコン9フルスラストを運用しているのですが、来年にも同ロケットとしては最後となる改良型を初打ち上げすると報じられています。続きを読む

FALCON9 BulgariaSat-1

アメリカの民間企業、スペースXは現地時間6月23日(日本時間24日早朝)にブルガリアの人工衛星を搭載したファルコン9ロケットを打ち上げ、成功したと発表しました。実はこのロケットは今年1月に一度使用されたもので回収・再整備し打ち上げたものになります。続きを読む

image_65

アメリカのスペースXが運用しているファルコン9ロケットは打ち上げ時に使用する第一段ロケットを回収・整備し再び打ち上げにしようするという再利用が行われています。今回は先日打ち上げられたロケット映像としてこの第一段がどのような飛行を行っているのか完全追尾したものが公開されました、続きを読む

SES-10 Launch

先月末、アメリカのスペースXが打ち上げた再利用ファルコン9について、同社の社長グウィン・ショットウエル氏によると最終的な打ち上げ費用は新規製造したロケットおよそ半額以下で実施することができたと発表しています。続きを読む

ファルコン9フェアリング

ロケットの多くは打ち上げ時、人工衛星や宇宙船を『フェアリング』で覆っています。このフェアリングは打ち上げ後、割れるように分解されそのまま地球に落下し捨てられてるのですが、スペースXは回収・再利用に向けた試験を前回の打ち上げで実施していたと発表しています。続きを読む

↑このページのトップヘ