ZAPZAP!

ブルー・オリジン

ブルームーン_1

海外メディアによると、AmazonのCEOでおなじみのジェフ・ベゾス最高経営責任者率いる民間宇宙企業ブルー・オリジンはアメリカが2024年にも再有人月面着陸を目指す計画に関して着陸機の開発に向けてロッキード・マーティンなど3社と開発協力を契約したと報じられています。続きを読む

ブルームーン_1

Amazonの創業者でお馴染みのジェフ・ベゾス氏が設立したブルー・オリジンは先日、月面に着陸し探査機を展開できる無人着陸機ブルームーンを発表しました。将来この機体を大型化した有人着陸船の開発も構想されているそうです。
続きを読む

image_39

アマゾンのCEOジェフ・ベゾス氏が創設した民間宇宙企業、ブルー・オリジンは自社が開発しているニューシェパードという有人宇宙船打ち上げシステムを使用し10回目となる高度100kmの宇宙到達に成功したと報じられています。続きを読む

image_59

通販大手『アマゾン』CEO、ジェフ・ベゾス氏が率いる民間宇宙開発企業『ブルー・オリジン』が現在開発しているニュー・グレンに関して最終的に人工衛星などを軌道に投入する第2段ロケットの回収、または軌道上での再利用に関して検討を始めていると報じられています。続きを読む

image_34

現在、民間宇宙旅行を計画し実際に飛行を実現させようとしているのはアマゾンでお馴染みのジェフ・ベゾス氏が設立したブルーオリジンと対するヴァージン・ギャラクティックです。これに関してベゾス氏は宇宙船の到達高度を出し自社の優位性が高いと主張しました。続きを読む

image_85

アマゾンの創設者、ジェフ・ベゾス氏が設立した宇宙ベンチャー『ブルー・オリジン』に関して再利用可能で大型ロケットに対応したロケットエンジンBE-4に関して、同社はこのエンジンを生産する拠点してアラバマ州に新工場建設に着工したと報じられています。続きを読む

↑このページのトップヘ