ZAPZAP!

ボーイング

ディープスペースゲートウェイ

アメリカが進めている火星有人探査計画。航空宇宙大手ボーイングは宇宙空間に展開する居住スペースとして『ディープスペースゲートウェイ』、及び人類や探査機器を火星に送るという『ディープスペーストランスポートビーグル』を発表しました。続きを読む

image4


大型のプロペラ(ローター)を傾けることで垂直離着陸から水平飛行まで優れた飛行性能を発揮することができるティルトローター機に関して、ボーイングは中距離旅客機に匹敵するサイズに採用できる特許を取得したことが明らかになりました。続きを読む

image_86

国際宇宙ステーションへの人員輸送を民間企業に行わせるNASAの商業宇宙船計画。選定された企業の1つボーイングに関して、開発している有人宇宙船CST-100「スターライナー」の初打ち上げが2018年12月以降に延期されたと報じられています。続きを読む

image_28

次期主力戦闘機導入計画としてF-35が選定された日本を含め海外では導入を目指す計画が進められています。その一つ、デンマークに関してもF-35が選定されたもののF/A-18E/Fを推していたボーイングが選定結果が不服だとして法的手段に出ていると報じられています。続きを読む

↑このページのトップヘ