ZAPZAP!

ボーイング

image_14

アメリカの航空大手ボーイングが国際宇宙ステーションへの宇宙飛行士打ち上げ用として開発しているCST-100『スターライナー』に関して、先日宇宙船に搭載されているエンジンの燃焼試験で推進剤が漏れる異常があったと報じられています。続きを読む

image_24

私達一般人が手軽に乗ることが出来る最速の移動手段は航空機です。しかし、現在マッハ1以下つまり亜音速での移動しか運用が行われていません。一方ボーイングはローンドンーニューヨーク間をわずか2時間程度で移動できる極超音速旅客機研究を行っているそうです。続きを読む

image_18

大小様々な旅客機には通常2名のパイロットが配置されています。これは昔から変わっていないのですが、大手航空機製造メーカーボーイングは来年にもコックピットからパイロットを排除し無人技術採用した機体の飛行試験を行うとしています。続きを読む

ディープスペースゲートウェイ

アメリカが進めている火星有人探査計画。航空宇宙大手ボーイングは宇宙空間に展開する居住スペースとして『ディープ・スペース・ゲートウェイ』、及び人類や探査機器を火星に送るという『ディープ・スペース・トランスポート』を発表しました。続きを読む

image4


大型のプロペラ(ローター)を傾けることで垂直離着陸から水平飛行まで優れた飛行性能を発揮することができるティルトローター機に関して、ボーイングは中距離旅客機に匹敵するサイズに採用できる特許を取得したことが明らかになりました。続きを読む

↑このページのトップヘ