ZAPZAP!

マレーシア航空370便墜落事故

image_25

2014年3月8日マレーシアから中国・北京に向かい飛び立ったマレーシア航空370便が突如として姿を消し墜落したとされる事故に関してオーストラリア当局は400ページあまりの最終報告を発表しました。これをもってオーストラリアでは同機の捜索は事実上終了することになります。続きを読む

image33

突如として姿を消しその後、帰ってくることはなかったマレーシア航空370便(MH370)についてカナダの元航空機事故調査委員という人物はこれまで発見された事故機の残骸について墜落したのではなく着水していた痕跡が残っているという話をしているそうです。続きを読む

image3

2年前に姿を消し一部の残骸以外確認されていないマレーシア航空370便墜落事故。意図的に姿を消すよう仕向けるなど不気味な墜落事故となったのですが、当局が押収した機長宅のフライトシミュレーターデータを復元した結果、PC上でほぼ同じような経路を飛行していたことが明らかになったとしています。続きを読む

image_19

墜落したマレーシア航空機の『謎の1つ』とされるのはトランスポンダが切られていたことについてです。意図的に切られていたとされているものの、実際は専門知識と客席下に入り込む必要があるなど簡単な操作では切ることができないそうです。続きを読む

image_8

先日、2014年から行方不明となっているマレーシア機の機体の一部がインド洋の島に流れ着いたことが報じられましたが、実は今年の5月頃から複数のパーツが同じように漂着していたものの、通常のゴミと勘違いし焼却していたことが明らかになりました。続きを読む

↑このページのトップヘ