ZAPZAP!

ミサイル防衛

image_93

飛来する弾道ミサイルを無力化、つまり迎撃するには地上または水上から発射するミサイル以外方法は無いのですが、日本政府はイージス艦から発射可能な迎撃ミサイルとして最新型のSM-3 ブロック2Aの導入が承認されたと報じられています。続きを読む

img_44

韓国政府は先日、アメリカが開発した弾道ミサイルを高高度で迎撃する防衛ミサイルの配備計画についてアメリカ側と協議を開始したところ、韓国に対し圧力をかけ続けている中国が在中韓国大使を呼び出し抗議するという意味不明な対応をとっていたことが明らかになりました。続きを読む

ATIRCM_1

戦闘地域を低速で飛ぶヘリコプターの脅威となるのは携帯式対空ミサイルです。これを回避するレーザーを用いた防衛システムが既に存在しているそうなのですが、イギリスの大手軍需企業は輸出販売の許可を米政府から得たと報じています。続きを読む

THAAD

敵国から発射された弾道ミサイルを大気圏再突入の際に迎撃する最新の高高度防衛ミサイルが開発されているのですが、これについて韓国政府は米製の迎撃システムの導入は行わず自国で開発すると判断が決定したようです。ちなみに背景には中国の圧力があったと言われています。続きを読む

韓国MD加入せず

先日韓国軍が高高度防衛ミサイルの購入を検討しているなどと報道されていましたが、韓国国防部によると「購入しようと決定したことも考慮したこともない」と否定しました。その上で、韓国独自のミサイル防衛を構築するとのことです。続きを読む

↑このページのトップヘ