ZAPZAP!

リアクション・エンジンズ

image_93

イギリスのリアクション・エンジンズが開発しているのは滑走路から飛び立ちそのまま単体で国際宇宙ステーションまで到達することができるようなスペースプレーンです。その最も重要なセイバーエンジンに関して現在地上施設にてマッハ3.3の環境を再現した試験が実施されると報じられています。続きを読む

image_93

開発されれば正規のスペースプレーンとして運用することが可能な『スカイロン』。最も開発が困難なセイバーというエンジンに関してイギリス国防総省は開発に向けた1200万ドルの契約を行ったと報じられています。続きを読む

image_93

地上と宇宙を行き来できる夢のような乗り物スペースプレーン。従来のロケットとは異なるエンジンを登載した『スカイロン』という機体が開発されているのですが、そのエンジン『セイバー』をテストする施設が2020年の完成を目指し建設が進められています。続きを読む

image_93

イギリスのリアクション・エンジンズが開発しているのは単体のエンジンでこれまで不可能だった水平離陸からの極超音速飛行、さらに宇宙に行き来きを可能とするエンジン開発です。これはセイバーと呼ばれているのですが、このエンジンに関して新しい仕様の開発が進んでいると報じられています。続きを読む

スカイロン_1

旅客機のように滑走路から飛び立ちそのまま宇宙に到達することができるという機体『スカイロン』。この機体に搭載するエンジン『セイバー』の燃焼施設が建設が始まりました。続きを読む

スカイロン_1

イギリスのリアクション・エンジンズは通常の滑走路から宇宙に飛び出すことができる純スペースプレーン「スカイロン」に搭載されるセイバーというエンジンについて、その燃焼試験を行う施設の建設を開始したと報じられています。続きを読む

LAPCAT A2_2

大気圏を飛び出し宇宙にも行くことができるというスペースプレーン『スカイロン』がイギリスで開発されていますが、この技術を使用した超音速旅客機『LAPCAT A2』についても開発が進められているそうです。続きを読む

↑このページのトップヘ