ZAPZAP!

ロシアの宇宙開発

ソユーズMS-14

先日、カザフスタンから打ち上げられたのはスカイボットF-859ソユーズこと『フョードル』というヒューマノイドロボットです。しかし、宇宙船にトラブルが発生し国際宇宙ステーションへのドッキング失敗したと報じられています。続きを読む

image_76

海外の複数メディアによると現地時間8月22日からバイコヌール基地から国際宇宙ステーションに向けてソユーズMS-14が打ち上げられました。実はこの宇宙船にはロシアが初めて開発したヒューマノイドロボットが搭載されています。続きを読む

image_67

宇宙飛行士の多くは男性が選ばれる傾向があり、宇宙船に乗り込む宇宙飛行士も全員が男性になることはよくあることです。一方ロシアでは女性のみの宇宙飛行士で編成されたチームを将来打ち上げる計画を発表しています。続きを読む

image_136

ロシアメディアによると、最近ロシアの宇宙機関にあたるロスコスモスの長官が訪米することになっていたもののアメリカ側の判断で取り消しされたことに対し、アメリカが開発を目指す月軌道宇宙ステーション『ゲートウェイ』の建設から手を引く可能性があると報じられています。続きを読む

image_82

今年8月末、国際宇宙ステーションにドッキングしたソユーズ宇宙船に何者かが穴をあけ空気漏れが発生した事件に関して、船外活動で直接調査を行ない地球に帰還した宇宙飛行士(写真)が記者会見を開き、穴は内部から外側に向けて開けられていたことを発表しました。続きを読む

↑このページのトップヘ