ZAPZAP!

中国の宇宙開発

天宮1号_1

間もなく地球に落下してくると予想されているのは中国が打ち上げた宇宙ステーション『天宮1号』です。これに関してドイツがレーダーを用いて最新の状態を観測した結果、毎秒2.2度で回転していることが明らかになり中国の専門家が主張していた「制御不能になっていない」というのは嘘であることが明らかになりました。続きを読む

長征11号

人工衛星の小型化を受け世界でその衛星を打ち上げるロケットが開発されていますが、中国では先日『長征11号』3号機の打ち上げに成功したと発表しています。このロケットは日本のイプシロンのような固体ロケットとなっています。続きを読む

image_47

中国航天科技集団第一研究院が発表したのは2017年~2045年にかけての長期の宇宙開発ロードマップです。これは惑星探査や研究ではなく『宇宙輸送』、地球から宇宙に出る手段についての発表が中心となっているのですが宇宙エレベーターや原子力ロケットが登場するなど興味深い内容となっています。続きを読む

↑このページのトップヘ