ZAPZAP!

交通

image_197

韓国の複数メディアによると、先月8日タクシーと救急車が接触する事故が発生したもののタクシーのドライバーが「事故処理を先にしろ」などと騒ぎ立て救急車の進路を妨害したとして拘束令状を申請したことを明らかにしました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_37

まるで何かのイベントが行われているかのようなレーザー光線が放たれているのは中国の高速道路です。実はドライバーに対しある理由からこのような装置を設置したとしています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_35

車の迷惑行為として煽り運転が注目されていますが、それ以外にも『うるさすぎる車』にも迷惑している人は多いと思います。これに関してフランスでは高性能マイクや監視カメラを使用し騒音を撒き散らす車の摘発が始まると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_53

街中には大小様々、理由も様々な記念碑が置かれているのですが、おそらく世界に一つしかないと考えられる記念碑がロシアに設置されました。いったい何を記念しているのでしょうか。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_81

信号が青であったとしても前方が渋滞していた場合、交差点内への侵入は禁止されています。実は韓国の道路交通法でも禁止されている行為なのですが、無理やり侵入するという違反行為が相次いでいるとしています。そこで当局は摘発する専用のカメラを設置することになったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_5

現代社会に必要不可欠なのは車や鉄道を通すトンネルです。中国では最近河川の下に設けられた地下トンネルが開通したものの開通からわずか10日あまりで漏水が発生していると報じています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_76

車を運転するドライバーとして注意したいのは速度です。一般道をはじめ、高速道路でも覆面パトカーや白バイまで速度違反は厳しく取り締まられているのですが、そんな中とあるベルギー人が600km/hオーバーで違反切符を切られたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_1

世界には当たり前のようにクラクションを鳴らす国があります。その一つ、中国では交差点に設置した装置によりクラクションを鳴らした車を特定しドライバー検挙するというシステムが運用されてているとのことです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_106

交通量の多い道路を無理やり横切ったり、信号が赤にもかかわらず横断をはじめなど所謂『中国式横断』が社会問題になっている中国。さまざま案がこれまで登場し運用されてきたのですが、今回は水を使った新たな装置が開発されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_26

車社会となっている現代。アメリカでは数十年前に比べ交通事故による死者数は大幅に減ったものの年間3万人以上が亡くなっています。しかし、最近この減少傾向が鈍りを見せ増加に転じているそうです。なぜ死亡事故が増えてしまったのでしょうか。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ