ZAPZAP!

交通事故

image_85

先月19日、東京都東池袋で旧通産省工業技術院の飯塚幸三が運転する車が暴走し親子2人を含む12人を死傷させた事故に関して、胸部の骨折を理由に事故を起した本人は現在も入院しています。事故から間もなく1ヶ月。事故直後から話せる状態でもあるにもかかわらず警視庁は本人から事故当時の事情なども聞き取れていないことが明らかになりました。続きを読む

image_52

先月、横断歩道を自転車で通過していた母子2名を轢き死亡させた他、他に数名を轢いた高齢ドライバーの交通事故。先日未だに逮捕されていないドライバーに関して家宅捜索が実施されたと報じられています。
これに対しネットは「格好だけだ」「打ち合わせだろ」「茶でももらいに行ったのか」などと批判の声が寄せられています続きを読む

image_1

先日、神戸市が運営するバスのドライバーが「ブレーキ中に急発進した」などと意味不明なことを述べている事故に関して、2名の死亡者を含む8人を死傷させたこのドライバー過去に人身事故(車内転倒)を含む13件の事故を相次いで起こしていたことが明らかになりました。続きを読む

image_196

先日、池袋で高齢ドライバーが母子ら2人を含む合計10人を死傷させるす重大な交通事故を発生させたにもかかわらず逮捕されないという異常とも言える対応を続けていたことに関して、警視庁はようやく自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)容疑でドライバーの捜査を開始したと報じられています。続きを読む

image_193

東京都で高齢ドライバーが運転する自動車が暴走し歩道を横断していた母子を含む10人を死傷させた事故に関して、以降発生した同様の事故では職業や年齢に関係なく逃亡や証拠の隠滅の恐れがない人まで逮捕されている一方で、この高齢者ドライバーは未だに逮捕されていません。また当局は退院後も逮捕はしないことは報道で明らかになっているのですが、この事案について警視庁は国民の批判を把握していることが明らかになりました。続きを読む

image_177

先日東京都東池袋で高齢者が運転する車が暴走し親子2人を含む8人を死傷させた事故が発生しました。この手の死亡事故を起こした場合、現行犯逮捕されるというイメージが強いものの当局は負傷が理由ではなく「証拠隠滅の恐れがない」などと理由に『任意』で捜査を続けるとしています。この判断に対しネット上は批判の声が相次いでいました。続きを読む

↑このページのトップヘ