ZAPZAP!

北朝鮮

火星-14_8

2017年7月4日午前に発射された北朝鮮の弾道ミサイル火星-14(화성-14)について、北朝鮮メディアは「大陸間弾道ミサイル(ICBM)」だとして発射試験に成功したと発表しました。今回発射された弾道ミサイルについてどのような弾道ミサイルなのか写真から見ていこうと思います。続きを読む

image_26

弾道ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮。一方、保有しているとする核兵器について北朝鮮は「(核兵器は)日本の安全も守ってやっている」「われわれに感謝の挨拶をすべきだ」などと意味不明な主張をしていると報じられています。続きを読む

火星12_1

今月14日午前、北朝鮮が発射した弾道ミサイルは地上2,000kmまで上昇し800km先に落下したと報道されていますが、ミサイルに使用されていたエンジンについて実は今年3月に試験された新型が搭載されていた可能性があります。続きを読む

イージスアショア(ルーマニア)

日本政府によると北朝鮮の繰り返される弾道ミサイル発射を受け、海上に展開しているイージス艦の防空機能をそのまま陸上に設置するというイージス・アショアの導入について今年夏にも導入方針を決定すると報じられています。続きを読む

北朝鮮

先月は北朝鮮を巡りアメリカ軍が攻撃を行うのではないかということで北朝鮮関連のニュースが報じられていました。そんな北朝鮮についてアメリカの調査会社が行なった結果として、この国の位置が分からないとしたアメリカ人は50%に達したと報じられています。続きを読む

↑このページのトップヘ