ZAPZAP!

台湾の軍事

image_216

昨年、アメリカ製のエイブラムス戦車を購入した台湾。一方で今回は潜水艦用の魚雷Mk48を購入が米政府から認められたと報じられています。Mk48は米海軍以外にも世界では5カ国で運用されています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_89

台湾は先日、台湾からの要請があったアメリカ製の戦車『M1 エイブラムス』を108両に関して輸出が決定されたと報じられました。この戦車に関して、『M1A2T』と名付けられたものの極めて強い防御力を誇る劣化ウラン装甲は搭載されないとのことです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_79

先日、アメリカ製の戦車や兵器が台湾に輸出されることが決定したと報じられていましたが、一方その台湾では保管していたと考えられる戦車の廃棄が始めたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_217

国内外の複数メディアによると、台湾政府は今月6日アメリカが開発し運用している主力戦車M1A2エイブラムス及び、対戦車ミサイル、対空ミサイルの売却をアメリカ側に要請したと伝えられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_133

中国メディアによるとアメリカ政府は台湾に対してM1A2の最新型となるSEP V3を輸出することを近く発表すると報じています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_13

台湾海峡を挟み海の向こうには軍事力を強めている国が存在する台湾。そんな台湾では武力侵攻を阻止するため機関砲と誘導ミサイルから構成される上陸地点の防衛システム構築が進められているそうです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハリアー

アメリカの軍事系情報サイトは台湾空軍がF-35Bに代わり、ボーイングの攻撃機『AV-8B ハリアーII』の取得に関する記事を掲載しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_19

先日、台湾海軍が誤って発射したという対艦ミサイル「雄風3型」について、海域に落下したと言われていたものの実際は海域を航行していたと考えられる漁船に命中していたことが明らかになりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ