ZAPZAP!

国際宇宙ステーション

image_39

地上400kmを周回している国際宇宙ステーションについて先日、僅かながら船内の空気が漏れていることが確認されたと報じられています。現在、国際宇宙ステーションは安全性は保たれており通常の業務に戻っているとしています。続きを読む

image_87

国際宇宙ステーションなど宇宙で用いられているモジュールは一部を除き金属製で覆われているのですが、ロシアではこれとは異なる繊維から作られ空気で膨らます事ができる、所謂『膨張式モジュール』を開発していると報じられています。続きを読む

プログレス補給船

国際宇宙ステーションでは地球では特異な環境下で様々な実験が行われていますが、この宇宙ステーションに関して、先日リブーストと呼ばれる加速による軌道修正が行われ地上からの高度が700mほど高くなったなどと報じられています。続きを読む

多目的実験モジュール『MLM-U』_2

ロシアが2019年以降に打ち上げを目指し国際宇宙ステーションに接続される『多目的実験モジュール』(MLM-U)というものがあります。実はこのモジュール、1995年に製造されたものだそうです。一体なぜそのような物が今も利用されているのでしょうか。続きを読む

↑このページのトップヘ