ZAPZAP!

地震

浦項迎日湾CO2貯留実証研究_1

大気中二酸化炭素を回収し地中などに貯留する技術『二酸化炭素回収貯留(CCS)』。これに関して韓国では過去に発生した観測史上2番目に強かった地震がCCSにより引き起こされたという誘発地震説が一部主張があったことに関し、政府は関係性は無かったという研究内容を発表しています。続きを読む

浦項地熱発電所

2017年、韓国で観測史上2番目に強い地震『浦項地震』が発生しました。この地震は結果的に震源地となった地域で行っていた地熱発電により誘発された人為的な地震であると国が判断しました。これに関して韓国では被災地の再建と賠償をするよう政府に対して特別法を制定するよう20万人以上の請願が寄せられたと報じられています。続きを読む

image_21

昨日発生した北海道・胆振地方で発生したマグニチュード5.7、最大震度6弱という大きい地震が発生しました。気になるのは同じく先日最大となったスーパームーンです。今回は都市伝説ではないスーパームーンと大地震の関連性について再度紹介していきます。
続きを読む

image_166

先日、慶尚北道浦項沖50kmの日本海で発生したのはマグニチュード4.1の地震です。陸地では建物の外壁が崩れるなど被害がでたのですが、この地震について自然に発生した地震か、それとも掘削が原因による誘発地震か意見が別れていると報じられています。続きを読む

image_122

2017年11月、韓国で発生したのはマグニチュード5.4規模の地震です。揺れの大きさは5弱程度とされているのですが、実は地震発生以降未だに体育館で避難生活を続けている人たちが40人もいるといいます。いったいどのような理由で避難をしているのでしょうか。続きを読む

image_748

昨年マグニチュード5.4規模の地震が発生したのは韓国東部、日本海側の浦項(ポハン)市です。震度は5弱程度だったとされているのですが、地震発生から1年が経過しようという現在も未だ200人あまりが避難生活をつづけているといいます。続きを読む

↑このページのトップヘ