ZAPZAP!

大気汚染

F-135

大気汚染といえば中国が有名ですが、実はインドでもここ数年深刻化しているといいます。そこで、インドはジェットエンジンをロウソクのように立て燃焼させることで大気汚染濃度を下げようとする試験が実施されることになりました。続きを読む

image_41

寒い季節になり中国では暖房用燃料を燃焼させることで深刻な大気汚染が発生しているのですが、先日とある中国の中学校で高濃度のPM2.5が立ちこめる屋外でテストを実施し批判の声が寄せられていると報じられています。続きを読む

image_23

ここ数年、深刻化しているのは冬場の大気汚染問題です。これに関して中国当局はデモの参加者を排除したりメディアに対しては大気汚染に関係する記事を掲載しないよう圧力をかけていると報じられています。続きを読む

image37

毎年冬の時期になると酷くなる中国の大気汚染。10数メートル前も見えないという人体に有害なスモッグに都市部は覆われ、PM2.5が日本といった周辺国に撒き散らされているという状態なのですが、中国メディアによるとこのスモッグについて北京市は自然由来の気象現象による災害と同じ枠に入れる案が検討されているとのことです。続きを読む

↑このページのトップヘ