ZAPZAP!

太陽系外惑星

image_63

将来の人類が太陽系以外に進出した場合、どの惑星が候補となるのか。現在複数の系外惑星が発見されていますが、太陽系から最も近いプロキシマ・ケンタウリを公転する惑星bも人類の移住に適している可能性が指摘されています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_11

国内外の複数メディアによると、地球から6光年先にある恒星バーナード星に地球サイズの惑星が公転していることがわかったとして科学誌に論文が掲載されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_80

観測技術の向上により天の川銀河にも複数の惑星系が発見されています。先日、そんな太陽系外の惑星系で初めて衛星が存在する証拠を見つけたと発表がありました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_41

季節は夏休みということで自由研究をどのようなテーマにしようか悩んでる方も多いと思いますが、今回は太陽系の外側にある系外惑星から私達のような生物が生まれ生きられるかもしれないハビタブルゾーンを公転する系外惑星をまとめたサイトを紹介していきます。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_8

恒星の一つとして太陽よりも軽く小さく表面温度も低い『赤色矮星』というものがあるのですが、先日10の赤色惑星から合計で15個の系外惑星を初めて見つけたと発表されました。その一部は地表に水が存在する可能性もあるとしています。(画像は参考資料)続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

WASP-39b

地球から見て乙女座の方角、約700光年先にあるのは『WASP-39b』という惑星です。この惑星自体は2011年に発見されていたのですが、大型の望遠鏡で観測した結果巨大ガス惑星の大気に相当量の水が含まれていたことがわかったとしています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_72

今年2月に発見されたTRAPPIST-1(トラピスト)星系の新しい惑星。この星系について実は太陽系よりも古い時代に誕生したことがわかり、そこにある惑星も過酷な環境に晒されている可能性があるとする最新の研究が発表されています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

KELT-9 b

太陽系では想像もできない不思議な天体が多い系外惑星。東京大学やNASAの国際共同研究チームは地球から600光年離れた銀河系内に表面温度が4,300度もあるという観測史上最も高温の系外惑星を発見しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_49

近年、観測技術の向上で数多くの地球型惑星が発見されています。その中には液体の水がある可能性の高い系外惑星も含まれているのですが、その多くは地球のような陸地はほとんどない可能性があると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

LHS 1140b

カナダ大学の観測チームによると地球から見てくじら座の方角、距離40光年の位置に生命居住可能領域(ハビタブルゾーン)を公転する地球型惑星を発見したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ