ZAPZAP!

太陽系外惑星

image_21

太陽系一つを見ても地球のように液体の海が存在する天体から、極低温の液体エタンやメタンが循環する衛星タイタンが存在します。天体にはそれぞれ変わった特徴があるのですが、地球から1000光年ほど離れた天体にはなんと宝石の雲をもつという非常ユニークな特徴があることがわかりました。
 続きを読む

image_82

今年の8月、地球から最も近い恒星で知られる主星プキシマ・ケンタウリに地球型惑星『プロキシマb』が公転していることが確認されたことに関して、この惑星にはもしかしたら地球のように海で覆われている可能性があるという研究が報告されているそうです。続きを読む

image8

地球上にいる多くの生き物は酸素を必要としますが、実はこれまで発見された太陽系外惑星の中には酸素を豊富にある天体が最近確認されたそうです。ただ、地球に似ているとは言え、人類が生きていくには厳しすぎる環境がひろがっていると考えられています。続きを読む


image_25

太陽系の外で見つかった数々の惑星。その惑星について太陽系の惑星に比べていったいどのくらいの大きさなのか、どのくらいの温度なのか詳細を検索することができるデーターベースが宇宙飛行士、土井隆雄氏らにより公開されました。
続きを読む

image_83

今年4月、理論物理学で有名なスティーヴン・ホーキング博士らにより発表されたのは光速の20%の速度で飛行し太陽系外惑星の探査を行う探査機です。しかし、レーザーを受ける『帆』の厚みを原子数個分の厚さにしなければならないなど技術的に難しいことが明らかになりました。 続きを読む

image_77

イギリスを中心とした国際研究チームによると太陽系から最も近い恒星で知られるプキシマ・ケンタウリに地球とほぼ同じサイズの地球型惑星を発見したと発表しています。またこの惑星には地球と同じように水がある可能性があるとしています。(CGは想像図)続きを読む

↑このページのトップヘ