ZAPZAP!

宇宙

プライムロケット_1

近年、海外では民間企業がロケットを開発し中には宇宙飛行士を国際宇宙ステーションに送り届けるサービスを間もなく開始するレベルにまで達しているのですが、イギリスのベンチャー企業の1つOrbexは3Dプリンタを使用した高効率エンジンでの人工衛星打ち上げサービスを計画しているとのことです。続きを読む

image_193

地球に最も近い天体『月』。最近は水などの資源があることが分かり注目されている天体の1つなのですが、将来実施される月面への着陸についてアメリカ航空宇宙局(NASA)はその着陸船を民間企業と協力して開発する趣旨の内容を発表しています。続きを読む

image_115

最近、民間宇宙旅行が間もなく実施されるなどといくつか報じられていますが、その先にあるのは地球軌道上を周回する宇宙ホテルに滞在するという計画です。非常に壮大な計画なのですが、2022年までに開業すると主張していたオリオン・スパンという企業について資金調達が困難になっておりパートナーを募集していると報じられています。続きを読む

image_81

アメリカ航空宇宙局(NASA)によると、2004年7月に火星に着陸して以降現在運用を続けていた火星探査車オポチュニティの運用を終了すると正式に発表しました。同探査機は昨年6月に発生した火星を覆う砂嵐により通信が途絶えた状態となっていました。続きを読む

↑このページのトップヘ