ZAPZAP!

宇宙

1999KW4_1

大小様々な小惑星。無数に存在するそれは地球に近い軌道を周回していたり、偶然地球に接近するということがあります。これらは小惑星の中でも『地球近傍小惑星』と呼ばれるのですが、先日衛星を従えた二週小惑星が地球近くを通過したと報じられています。続きを読む

image_197

ヴァージン・グループの一つジャンボジェット機を使用し空中発射ロケットの運用を目指すヴァージン・オービットは過去に契約していたOneWebの人工衛星打ち上げについてキャンセルされたとして同社を売ったる行動にでたと報じられてます。続きを読む

image_166

宇宙から飛来する大小様々な隕石。中には地球上の多くの生物を根絶やしにするほど巨大なものが落下した例も確認されているのですが、一方でこの隕石落下が原因で作られた可能性が高いガラスがツタンカーメン王の墓から発見されていたのはご存知でしょうか続きを読む

image_201

日本を始めアメリカやロシア、ESAなど複数の国で運用されている国際宇宙ステーション。これに関してNASAは早ければ2020年にも開放し、宇宙での製造、マーケティング、広告などの営利活動を許可する方針を発表しました。続きを読む

銀河

宇宙全体の質量の実に85%を占めているとされているのは現在の技術では見ることも観測することもできな暗黒物資(ダークマター)です。この暗黒物資は銀河の構成にも非常に重要な意味あがるとされています。一方、暗黒物資が存在しないという謎の銀河が確認されていたのですがその原因が最近解明されたと報じられています。続きを読む

image_188

3Dプリンタといえば100円ショップに売っているような小物を個人が生産することができる程度とイメージを持たれている方も多いと思うのですが、アメリカの民間企業レラティビティ・スペースはなんとロケットそのものを経った60日間で作り上げる発射を行うことができると主張しています。続きを読む

↑このページのトップヘ