ZAPZAP!

宇宙

インド

多額の費用がかかる宇宙開発については費用対効果について疑問視する声があるのは事実です。しかし、そんな分野に興味を示しているのは先進国だけではありません。経済的に豊かではない国が次々に宇宙開発を目指すのは一体どういう理由があるのでしょうか。続きを読む

スペースプレーン

低コストで完全再使用可能な機体。さらに1.8トンの重量を軌道に載せ、10日で10往復可能なスペースプレーン。これを「2018年までに作ってね」というのが知る人ぞ知るアメリカ国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)が発表した計画です。続きを読む

↑このページのトップヘ