ZAPZAP!

宇宙

Space one_1

より安価に人工衛星を宇宙に送り込むビジネスが海外で進められていますが、日本国内では和歌山県に位置する紀伊半島で国内初となる民間ロケット発射場の建設に向けて起工式が行われたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_48

太陽系内に無数に存在する小惑星。サイズはボールサイズから1kmを超えるものでま様々なのですが、今月18日に直径220m程度の小惑星が地球に大接近するとNASAが発表しています。この小惑星は地球に対してどの程度脅威となる存在なのでしょうか。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_49

観測可能な天体は遅かれ速かれ移動しているのですが、現在観測されている中で最も高速で移動している天体はいったいどのくらいの速度があるのでしょうか。先日、あの天体が原因で加速されたという最速の恒星を発見したと報じられています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_41

アメリカの民間宇宙企業スペースXは、現地時間11月10日午前、フロリダ州から同社が構築を目指すスターリンク衛星を搭載したファルコン9ロケットの打ち上げに成功したと報じられています。今回のロケットは過去に3回打ち上げられ再整備されたロケットの打ち上げになっていたとのこと。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

SLS,SSME_1

2011年7月を最後に引退したスペースシャトル。このスペースシャトル用に開発されたエンジンがNASAが開発している新しいロケットSLS、スペース・ローンチ・システム初号機への搭載が完了したと発表されています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_27

アメリカでは当たり前のように民間企業がロケットを打ち上げ、国際宇宙ステーションに物資などを輸送しています。その草分け的存在のスペースXが現在開発しているのはスターシップという超大型宇宙船です。同社のCEOによると、この宇宙船の1回あたりの打ち上げコストはたった2億円になると主張しているそうです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

アトラスV

人工衛星から軍事衛星まで様々な衛星が地球から打ち上げられていますが、中にはその重要なパーツが外国製というものがあります。これに関してロシアメディアはアメリカが現在打ち上げているロケット使用されているロシア製エンジンから将来も脱却できないだろうと主張しています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーイングの月着陸船_1

アメリカ中心となり2020年代にも再び有人月面探査を実施する計画に関して、航空大手ボーイングがライバル企業とは異なるNASAが開発しているロケット1回で打ち上げ可能なものを発表したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

スターライナー

航空宇宙大手のボーイングが開発している有人宇宙船CST-100『スターライナー』が初となる打ち上げ脱出システムの試験が実施されました。今回の試験では一部パラシュートが開かないなどトラブルも発生しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_90

地球上に無尽蔵にある塩。この塩なのかは不明なのですが、イリノイ州大学は塩をベースとした推進剤を開発することに成功し宇宙空間で使用できる推進剤についてエレクトロンスプレースラスタと呼ばれる推進装置との互換性が実証されたと報じていられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ