ZAPZAP!

彗星

image_55

2017年に太陽系を狙撃するかのように通過した天体『オウムアムア』。その後、天文学初となる太陽系外から飛来した恒星間天体であることが明らかになったのですが、なんと観測史上2つ目と推定される天体『ボリソフ彗星 (C/2019 Q4)』が観測されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

KIC 3542116

天の川銀河にある無数の太陽系外惑星系にも彗星が行き来していることは想像できるのですが、NASAのケプラー宇宙望遠鏡を使用した観測で初めて彗星と考えられる天体が恒星を公転している観測結果が確認されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_50

ESA(欧州宇宙機関)によると、2014年11月に史上初となる彗星への着陸を果たしその後行方不明になっていた着陸機「フィラエ」について母機ロゼッタ探査機が撮影から発見したとのことです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_3

よくわからない速度で太陽に向かっていったのはクロイツ群という巨大な彗星が砕けたことにより発生した小彗星です。彗星と太陽はどうなってしまったのか。今回は過去に大彗星となったクロイツ群についても簡単に紹介していきます。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星_1

先日、欧州宇宙機関の探査機「ロゼッタ」がチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に接近し子機が着陸を果たしました。実はこの時ロゼッタが撮影した写真が公開されているのですが、彗星は赤茶色の地表だったことが明らかになりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

チュリュモフ・ゲラシメンコ_1

前回、欧州宇宙機関(ESA)が間近で撮影したしたというチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の写真を紹介しました。その後の調査により明らかになったのは噴出しているガスの成分です。なんと嗅ぐと後悔するレベルのものだといいます。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

チュリュモフ・ゲラシメンコ_1

欧州宇宙機関は先月末、探査機ロゼッタを使用し彗星から吹き出すジェットの撮影を行いその写真が公開されました。この距離から撮影された彗星のジェットは史上初とのことです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイディング・スプリング彗星

C/2013 A1、所謂サイディング・スプリング彗星が今年の10月19日に火星に最接近します。この彗星は当初衝突する可能性があり仮に衝突すれば想像を絶する威力になるとされていたのですが、現在衝突する確率は低いと考えらているそうです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

彗星落下

人類が体験した亜氷期、ヤンガードリアス期。これまで言われていた彗星の落下により亜氷期が終了したという有力な仮説について誤りがある可能性があるとアメリカ、南メソジスト大学の研究者は主張しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

星空

太陽に極めて近い軌道を通るということで、通過後がどうなるか心配されていたアイソン彗星ですが、NASAが行った詳細な調査によると、通過後核は消えチリのみ漂っている状態だと発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ