ZAPZAP!

探査機

image_9

太陽系から数光年離れたところに探査機を送る技術は確率されていないものの近い将来新技術により可能となる見方があります。しかし、飛行速度が速度が早くなりすぎ観測時間が極端に短くなってしまう欠点があったのですが、これを解消する方法はあるのでしょうか。続きを読む

image_83

今年4月、理論物理学で有名なスティーヴン・ホーキング博士らにより発表されたのは光速の20%の速度で飛行し太陽系外惑星の探査を行う探査機です。しかし、レーザーを受ける『帆』の厚みを原子数個分の厚さにしなければならないなど技術的に難しいことが明らかになりました。 続きを読む

ディープインパクト

彗星に衝突体を激突させる初のミッションを行ったアメリカの探査機ディープインパクト。先月初旬を最後に通信が出来なくなりミッション終了が言い渡されたそうです。実はその原因となったのは『2000年問題』だと指摘しています。
続きを読む

↑このページのトップヘ