ZAPZAP!

日本の宇宙開発

ヴァージンオービット

アメリカのヴァージン・グループが運用を目指す航空機による人工衛星の打ち上げに関して、大分県はアメリカのヴァージン・オービットとパートナーシップを締結したと発表しました。この手の民間空港を宇宙港として用いる契約については世界初と考えられます。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

MMX

JAXAによると日本が主導となり数か国の国際共同探査計画として進められてきた火星衛星探査計画(マーシャン・ムーンズ・エクスプロレイション、MMX)に関して、2つある火星の衛星から探査の対象をフォボスに決定したと発表してます。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Space one_2

先日、紀伊半島の南端で起工式が行われたのは国内初の民間ロケット発射場です。この発射場では2021年以降のロケット打ち上げ実施を目指しています。一方、既に海外勢の民間ロケットが多く登場しているのですが今回は民間企業が開発しているロケットと比較していくと思います。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Space one_1

より安価に人工衛星を宇宙に送り込むビジネスが海外で進められていますが、日本国内では和歌山県に位置する紀伊半島で国内初となる民間ロケット発射場の建設に向けて起工式が行われたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

H3 ヘビー

国際宇宙ステーション引退後の次なる宇宙開発は月そして火星となるのですが、日本も正式に参加することになったNASAの月軌道宇宙ステーションに関して、国産ロケットを開発している三菱重工は月ミッション用の大型ロケットとなるH3の発展型『H3 ヘビー(H3 Heavy)』構想を発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_27

国際宇宙ステーション引退を控え次なる宇宙開発としてアメリカが計画しているアルテミス計画に関して、日本の内閣府宇宙政策委員会はこの計画に正式参画する方針を明らかにしました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_6

宇宙から地球へ絶えず大量の塵や隕石が落下し続けているのですが、昨年12月ベーリング海上空でこの隕石の落下に伴う大爆発が発生していたことが明らかになりました。この様子は宇宙から撮影されていたとのことです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_36

国内の複数メディアによると宇宙ベンチャーispace(アイスペース)は無人探査機を月軌道に飛ばし、更に着陸することで上空と地上の両方で探査する計画を発表しました。計画では月の縦穴の探査も行う予定です。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_105

アメリカが今後開発する月軌道の宇宙ステーションから発進する有人月面着陸船に関して、この着陸機の部分に関してJAXAが開発を担う構想が明らかになりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

HTV-X

国際宇宙ステーションへ物資を輸送するJAXAのHTVこと「こうのとり」に関して、その新型である『HTV-X』(仮)に関して、アメリカの民間企業スペースXが運用するファルコンヘビーでの打ち上げを行っていくと海外メディアが報じています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ