ZAPZAP!

日本の軍事

JSM_1

今月18日閣議決定された自衛隊の新たな装備品調達などを示す中期防衛力整備計画(中期防)について、空対地巡航ミサイルとしてJSM及びJASSMを優先的に整備する計画が盛り込まれました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_82

F-35の追加購入や、自衛隊では初配備となる垂直離着陸機F-35Bの導入など軍事に興味がある人は今後の航空祭が楽しみになる話題が多く報じられていますが、今回はF-35取得に関わる費用を紹介していこうと思います。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_15

今月中に纏められる「中期防衛力整備計画」で日本政府はアメリカで生産された短距離離陸・垂直着陸ができるF-35Bを42機導入する方針を明らかにしました。自衛隊に固定翼の短距離離陸・垂直着陸が導入されるのは初になります。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_3

今月末に纏められる防衛大綱に向けて、いずも型護衛艦2隻を改修しF-35Bを運用できる能力が追加されることに関して、F-35Bは常に登載はしないという運用が行われると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

60kW級レーザー兵器

近年進化している次世代兵器の一つとしてレーザー技術があります。これはSF映画で飛び交うレーザー砲とはイメージが異なるものの日本政府としてはドローンや小型ミサイル、将来的にはより大型のミサイルも迎撃できるようなレーザーによる防衛システムの開発を目指すとしています。(画像は参考資料)続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_78

国内の複数メディアによると、海上自衛隊最大の護衛艦であるいずも型護衛艦に関して垂直離着陸が可能なF-35Bを運用する艦艇へ改修する案については協議が継続中としているのですが、改修後は『多用途運用護衛艦』と呼ぶことに決定されたとしています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

3900トン型護衛艦_1

先月1日、三菱重工業のプレスリリースで防衛省と建造契約を締結したと発表したのは30FFMこと3900トン型護衛艦です。従来の護衛艦よりも小型かつ安価な船体となっているのですが、今回はどのような護衛艦が将来配備されるのか見ていこうと思います。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

F-35A_

現在航空自衛隊に配備されているF-4という老朽化した戦闘機を置き換えるため、42機分のF-35Aの配備が進められていますが、これとは別に最大で100機のF-35を追加導入する計画が進められていると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

護衛艦 かが 金沢港

国内の複数メディアによると来月末にも纏められる防衛計画の大綱に関して、F-35Bの導入はほぼ決定となり、それを運用する母艦としていずも型護衛艦を改修し空母(揚陸艦)にする方向で最終調整に履いていると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

XASM-3_9

四方を海で囲まれている日本は特に水上艦への対応能力が求められることになるのですが、その最新鋭ミサイルとなる『XASM-3』という空中発射超音速対艦ミサイルが岐阜基地で開催された航空祭で展示されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ